法人印鑑を持つ意味

article list

2017年08月03日
法人印鑑は大きさとバランスが要を更新。
2017年08月03日
法人印鑑に想いを入れようを更新。
2017年08月03日
急に必要となるのが法人印鑑を更新。
2017年08月03日
法人印鑑を持つ意味を更新。

calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

法人印鑑を作成するタイミング

会社を設立するには事業計画を立てて、設立のための資本金を用意します。設立には法人としての登記が必要となり、専門家としての司法書士にお願いをします。あらかじめ定款の認証等、すべて、今の時代であれば、メールの交換で或る程度のことができますが、いよいよ法人登記の段階のとなると法人印鑑が必要となります。
法人印鑑は設立してからと勘違いをされている方も時々います。実はこの段階で法人印は必要となります。印鑑はすぐにはできません。しかし、今の時代、ネットで検索すればすぐに手配ができます。夕方16時までに注文すれば、翌日の午前中には届きます。便利な時代です。個人でも同様ですが、法人でも、実印と銀行印を作ることがほとんどです。
実印には中央の円内に株式会社であれば「代表取締役印」銀行印には「銀行之印」と刻まれ、また、間違いのないように2つの印の形状を変えています。それと作るのが角印です。社印と呼ばれるもので見積書、請求書などに押印します。実印、銀行員は象牙や柘など硬くて印影がきっちりしたものでつくりますが、角印は押印する機会も多く、きれいに押印するには慣れもひつようであるので、ゴム印にすることがおすすめです。末永くその会社が繁栄することを願って作ります。

思いを込めて法人印鑑を作成する

「印鑑なんて、単なる書類に証明の印だろ?その役目だけはたせればいい」確かにその通りです、間違っていません。法人印鑑は三種類。「代表者印」「法人銀行印」「角印」それぞれに役割りがありますが、印鑑としての機能さへ果たせれば、基本的にデザインなどに口を出す人はいません。じゃあ、デザインはどうでもいいのか?と問われると、それは違うと思います。皆さん、自分の身の周りを見てください。自宅であれば日用品が、会社なら事務用品がありますよね?
そのすべてが機能のみで購入した物でしょうか。機能以外の要素は入っていませんか?たとえばボールペン。会社にはもちろん、家庭にも大抵1、2本はあると思います。数多くのボールペンが販売されていますが、それを選んだ基準は何ですか。価格?書きやすさ?もしそれが自分で買ったものなら、そこに僅かでも嗜好が入っているはずです。
振り返って法人印鑑。最初に必要となるのは代表者印。会社を登記する際に使います。会社の立ち上げって大変です。準備に骨を折っているはずですし、その後の会社経営は更に苦労することでしょう。そして法人印鑑は、会社が続く限り付き合っていく大切なアイテムです。そんな印鑑に魂を入れて見ませんか。はい、非科学的です。でも、そういった想いって、意外と大切なものです。印鑑って、そうそう代える物じゃありません。思いっきり嗜好と魂を入れましょう。

update article

法人印鑑は大きさとバランスが要

それぞれの役割がある法人印鑑 登録が必要になる法人印鑑は代表者印と法人銀行印です。ここではそれぞれの役割について知りましょう。代表者印の役割…代表者印は会社の代表者の法人印鑑です。法人設立の時に法務局に届け出を出した会社印が代表社印とされています。会社が対外的に結ぶ契約の時などに利用されます。対外的に会社の意思を…

read

法人印鑑に想いを入れよう

インターネットで簡単に作成できる 社会人になると必ず必要となってくるのが代表者印、役職印などの会社の法人印鑑です。18×60ミリが一般的なサイズとなっており、会社名や役職名が記された印鑑となっています。最近ではインターネットで簡単に作ることができ、法人印鑑の種類も選べるようになっていて便利です。材質や書体、サイズ…

read

急に必要となるのが法人印鑑

法人印鑑作成での大切なポイント 「法人印鑑」は、会社を立ち上げる際になくてはならない存在です。制作をするときに最も重要なのは大きさと言われています。認印で使われているような小さいものではなく、1センチから3センチの間を選ぶのがベストです。控えめを意識して小さくし過ぎると貧弱なイメージになるので、程よいサイズを選択…

read

法人印鑑を持つ意味

法人印鑑を作成するタイミング 会社を設立するには事業計画を立てて、設立のための資本金を用意します。設立には法人としての登記が必要となり、専門家としての司法書士にお願いをします。あらかじめ定款の認証等、すべて、今の時代であれば、メールの交換で或る程度のことができますが、いよいよ法人登記の段階のとなると法人印鑑が必要…

read