急に必要となるのが法人印鑑

article list

2017年08月03日
法人印鑑は大きさとバランスが要を更新。
2017年08月03日
法人印鑑に想いを入れようを更新。
2017年08月03日
急に必要となるのが法人印鑑を更新。
2017年08月03日
法人印鑑を持つ意味を更新。

calendar

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

法人印鑑作成での大切なポイント

「法人印鑑」は、会社を立ち上げる際になくてはならない存在です。制作をするときに最も重要なのは大きさと言われています。認印で使われているような小さいものではなく、1センチから3センチの間を選ぶのがベストです。控えめを意識して小さくし過ぎると貧弱なイメージになるので、程よいサイズを選択しましょう。また、文字のバランスも法人印鑑づくりで大切なポイントです。
ローマ字や漢字など長いほどバランスを考えるのがむずかしくなります。まったく決まっていないとバランスを決めるのに時間を費やしてしまうので、ハンコショップに行く前に、ある程度イメージしておくと良いでしょう。ハンコショップを選択するときは、実績をチェックしておくことが大事です。
新しいショップがダメなわけではありませんが、長く経営していることはそれだけ利用する人が多い証しで、技術力のバロメーターにもなります。また、ショップによって費用にバラつきがあるのでチェックしておきたいところです。法人印鑑は安さを求めるものではなく品質で選ぶものなので、料金だけで判断するのはやめましょう。ただ相場よりはるかに料金が高いところには要注意です。相場を知ってから選択しましょう。

使用する用途に合わせて作成する

印鑑またはハンコなどは、みなさんもよく利用すると思います。最近では、インターネットショッピングが普通になり、宅配便が来る回数が増えた方もいるのではないでしょうか?その際に、ハンコを利用すると思いますが、みなさんは法人印鑑とはどのようなものかを、知っていますか?あまり、法人印鑑という言葉を聞くことは無いのではないかと思います。
そこで、法人印鑑について見ていきたいと思います。法人印鑑とは、実印や丸印などとも呼ばれています。法人印鑑は、法務局で会社などを設立する際に、登録手続きをするものです。形式状では、法人登記を変更することも出来る、とても大切な印鑑となります。この実印が押されている書類は、原則としてその会社が正式に、意思決定に基づき印鑑を押した物と扱われます。法人印鑑にも、様々な種類があります。
大きく4種類があります。代表社印・銀行印・角印・ゴム印の4つです。また、天丸タイプと寸銅タイプと、二つのタイプに分かれています。使用する用途に合わせて、使い分けていかなければなりません。法人印鑑とは、他にも様々なことがあります。興味がある方は、是非一度インターネットで調べてみてはいかがでしょうか?知っていて損はないと思います。

update article

法人印鑑は大きさとバランスが要

それぞれの役割がある法人印鑑 登録が必要になる法人印鑑は代表者印と法人銀行印です。ここではそれぞれの役割について知りましょう。代表者印の役割…代表者印は会社の代表者の法人印鑑です。法人設立の時に法務局に届け出を出した会社印が代表社印とされています。会社が対外的に結ぶ契約の時などに利用されます。対外的に会社の意思を…

read

法人印鑑に想いを入れよう

インターネットで簡単に作成できる 社会人になると必ず必要となってくるのが代表者印、役職印などの会社の法人印鑑です。18×60ミリが一般的なサイズとなっており、会社名や役職名が記された印鑑となっています。最近ではインターネットで簡単に作ることができ、法人印鑑の種類も選べるようになっていて便利です。材質や書体、サイズ…

read

急に必要となるのが法人印鑑

法人印鑑作成での大切なポイント 「法人印鑑」は、会社を立ち上げる際になくてはならない存在です。制作をするときに最も重要なのは大きさと言われています。認印で使われているような小さいものではなく、1センチから3センチの間を選ぶのがベストです。控えめを意識して小さくし過ぎると貧弱なイメージになるので、程よいサイズを選択…

read

法人印鑑を持つ意味

法人印鑑を作成するタイミング 会社を設立するには事業計画を立てて、設立のための資本金を用意します。設立には法人としての登記が必要となり、専門家としての司法書士にお願いをします。あらかじめ定款の認証等、すべて、今の時代であれば、メールの交換で或る程度のことができますが、いよいよ法人登記の段階のとなると法人印鑑が必要…

read