法人印鑑は大きさとバランスが要

article list

2017年08月03日
法人印鑑は大きさとバランスが要を更新。
2017年08月03日
法人印鑑に想いを入れようを更新。
2017年08月03日
急に必要となるのが法人印鑑を更新。
2017年08月03日
法人印鑑を持つ意味を更新。

calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

それぞれの役割がある法人印鑑

登録が必要になる法人印鑑は代表者印と法人銀行印です。ここではそれぞれの役割について知りましょう。代表者印の役割…代表者印は会社の代表者の法人印鑑です。法人設立の時に法務局に届け出を出した会社印が代表社印とされています。会社が対外的に結ぶ契約の時などに利用されます。対外的に会社の意思を示す大切な役割を持っていると理解しておきましょう。
このような事から一般的には代表社印は会社においての実印として認められています。代表者印は全ての会社に必要になるものです。法人銀行印の役割…法人銀行印は会社の銀行印としての機能を持つ会社印になります。企業活動の中で法人銀行印が使用される場面は一般に利用されている銀行印と大差はありません。預金を出す時や振り込みをする時などに使います。
お金の移動が伴う時には法人銀行印が必要になるのです。手形や小切手を発行する時にも使用されて、経理担当などに管理される事があるために、代表社印と別のものとして作るのが普通です。法人銀行印はお金が動く時には必要になるので、代表社員と同様にしっかりと管理された状態である事が大事です。法人印鑑には代表者印と法人銀行印があります。それぞれの違いをしっかりと理解しておきましょう。

リスク管理を考え法人印鑑を作成する

法人印鑑…大きな企業から自営業まで、所謂「会社」と名のつく組織や団体では、必要不可欠な印鑑です。個人の場合印鑑の種類は、実印、銀行印、認印の三種類になります。実は法人印鑑もほぼ同じで、代表者印、法人銀行印、角印の三種類です。代表者印は実印に当たり、会社にとって重要な契約等に使うことになります。法人銀行印は、文字通り銀行等の金融機関の口座開設や預金を動かす時、手形にも使用されます。
角印は会社の通常業務で使うための印鑑です。会社設立時に代表者印は必須で、必ず用意しなければなりません。極端な話になりますが、代表者印のみで会社業務は可能です。しかし、実際に代表者印のみで業務を行っている会社はありません。既に述べたように代表者印は、法人印鑑の中でも非常に大切な印鑑です。
日常業務で代表者印を使う場合、経営者のみならず他の社員もそれに触れることになりますし、当然外部の人間の目にも止まり、最悪盗まれることも有り得ます。一般家庭の実印でも、普通は来客が目にするところには置きません。また、通常業務で代表者印を使用すると、その会社の印影が多く外部に出回ることになり、その印影から複製を作られるリスクが高まることになります。代表者印と法人銀行印を同一にしている会社は実際にありますが、これも業務上の問題が発生リスクを考えると避けるのが無難でしょう。リスク管理とスムーズな仕事。それを考え法人印鑑を作りましょう。

update article

法人印鑑は大きさとバランスが要

それぞれの役割がある法人印鑑 登録が必要になる法人印鑑は代表者印と法人銀行印です。ここではそれぞれの役割について知りましょう。代表者印の役割…代表者印は会社の代表者の法人印鑑です。法人設立の時に法務局に届け出を出した会社印が代表社印とされています。会社が対外的に結ぶ契約の時などに利用されます。対外的に会社の意思を…

read

法人印鑑に想いを入れよう

インターネットで簡単に作成できる 社会人になると必ず必要となってくるのが代表者印、役職印などの会社の法人印鑑です。18×60ミリが一般的なサイズとなっており、会社名や役職名が記された印鑑となっています。最近ではインターネットで簡単に作ることができ、法人印鑑の種類も選べるようになっていて便利です。材質や書体、サイズ…

read

急に必要となるのが法人印鑑

法人印鑑作成での大切なポイント 「法人印鑑」は、会社を立ち上げる際になくてはならない存在です。制作をするときに最も重要なのは大きさと言われています。認印で使われているような小さいものではなく、1センチから3センチの間を選ぶのがベストです。控えめを意識して小さくし過ぎると貧弱なイメージになるので、程よいサイズを選択…

read

法人印鑑を持つ意味

法人印鑑を作成するタイミング 会社を設立するには事業計画を立てて、設立のための資本金を用意します。設立には法人としての登記が必要となり、専門家としての司法書士にお願いをします。あらかじめ定款の認証等、すべて、今の時代であれば、メールの交換で或る程度のことができますが、いよいよ法人登記の段階のとなると法人印鑑が必要…

read