会社や企業にとっての法人印鑑

article list

2017年08月03日
法人印鑑は大きさとバランスが要を更新。
2017年08月03日
法人印鑑に想いを入れようを更新。
2017年08月03日
急に必要となるのが法人印鑑を更新。
2017年08月03日
法人印鑑を持つ意味を更新。

calendar

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

オーダーメイドで会社の印鑑作成

私達が生活する上で、印鑑はとても大切な物です。書類に押す認印から、口座を開設する時に使う銀行印、印鑑登録する際の実印などがあります。そして、会社を作る時にも印鑑は重要な役割を担っています。まず、法務局で会社設立の手続きをする際、会社の実印は必須です。また、取引口座を開設するときには銀行印を、領収書や請求書などに押す認印として使われる角印なども一般的には準備する必要があります。
これらの会社の印鑑を法人印鑑といいます。個人の印鑑と異なり、法人印鑑は会社名を彫ってもらう必要があるため、オーダーメイドになります。ハンコ屋さんに行けば、様々なデザインで作ってくれるでしょう。最近では、インターネットで購入できるお店が増えました。即日出荷してくれるお店もあるようなので、必要な印鑑がすぐに手元に届くでしょう。また、どんな物を準備すればいいか分からないという人もいるかと思います。
その場合、会社設立に最低限必要な実印、銀行印、角印をセットにしたものを売っているお店もあります。セット販売だと安くなるお店や、会社の住所印や日付印などもセットで安くしてくれるお店もあります。セットで購入すれば、デザインも統一でき、素敵な印鑑を作れるでしょう。会社を設立するなら、法人印鑑にもこだわりたいものです。

法人印を購入する際のポイント

私たち個人が市役所や区役所で印鑑登録をして、それを重要な契約書に捺印するのと同じように、会社や企業も代表印を法務局に登録する必要があります。そして印鑑証明書が発行されることも、個人の実印が扱われるのと同様です。このように果たす役割や登録の制度などがほとんど同じなので、会社や企業の代表印も一般的には実印と呼ばれています。
個人のものと同じです。そしてこの代表印に加えて、次の3種類のものを加えると「法人印」と呼ばれるようになります。印章店では一般的に、上記で説明した4種類の「法人印」に加えて、小切手用のゴム印がセット販売になることが多いようです。CSRという言葉があるように、個人が活動するよりも、企業が社会において活動をする方がはるかに広範囲にわたるため、法人印は重大な責任を持つことになります。
購入する場合は、印材や彫りの深さを十分に吟味する必要があります。そして当然ではありますが、品質は高いものをそろえる方が良さそうですね。そして法人印には2種類があるようです。それは丸印と角印ですね。前者は代表印のことを表し、後者は社印のことを表します。そして法人の実印である丸印は、社会において義務や責任を持つものであるため、個人の実印以上に警戒をして、悪用されたり偽造されないように注意を払う必要があります。

象牙印鑑です。 フレッシャーズセールがあります。 当社では、一部の印材を対象として100年保障を行っている他、当社の指定印材に限り彫り直しのサービスを行っています。 セット割引で最大40%OFFです! お近くに平安堂の店舗があれば、送料かからず受取可能です。 当店では、材質だけでなく仕上がりにもこだわった高品質な印鑑の販売を行っており、お客様に納得していただける商品をお届けしています。 豊富な書体と高性能の彫刻から作る法人印なら

update article

法人印鑑は大きさとバランスが要

それぞれの役割がある法人印鑑 登録が必要になる法人印鑑は代表者印と法人銀行印です。ここではそれぞれの役割について知りましょう。代表者印の役割…代表者印は会社の代表者の法人印鑑です。法人設立の時に法務局に届け出を出した会社印が代表社印とされています。会社が対外的に結ぶ契約の時などに利用されます。対外的に会社の意思を…

read

法人印鑑に想いを入れよう

インターネットで簡単に作成できる 社会人になると必ず必要となってくるのが代表者印、役職印などの会社の法人印鑑です。18×60ミリが一般的なサイズとなっており、会社名や役職名が記された印鑑となっています。最近ではインターネットで簡単に作ることができ、法人印鑑の種類も選べるようになっていて便利です。材質や書体、サイズ…

read

急に必要となるのが法人印鑑

法人印鑑作成での大切なポイント 「法人印鑑」は、会社を立ち上げる際になくてはならない存在です。制作をするときに最も重要なのは大きさと言われています。認印で使われているような小さいものではなく、1センチから3センチの間を選ぶのがベストです。控えめを意識して小さくし過ぎると貧弱なイメージになるので、程よいサイズを選択…

read

法人印鑑を持つ意味

法人印鑑を作成するタイミング 会社を設立するには事業計画を立てて、設立のための資本金を用意します。設立には法人としての登記が必要となり、専門家としての司法書士にお願いをします。あらかじめ定款の認証等、すべて、今の時代であれば、メールの交換で或る程度のことができますが、いよいよ法人登記の段階のとなると法人印鑑が必要…

read